フリーランスのための確定申告の方法を教えます!

年度末になると確定申告という言葉が、ニュース等で話題になります。会社員の方は、企業側で納税だけでなく、年末調整も行ってくれるため、確定申告を行う方は少ないでしょう。しかしフリーランスになると、納税等の手続きも自身で行わなければいけないため、確定申告は重要なイベントとも言えます。そこで今回は、確定申告の方法について説明します。

確定申告とは

確定申告とは、1月1日~12月31日までの1年間の所得を申告し、納税額を確定させるための手続きです。確定申告は、個人事業主や年金収入のある方などが対象となる手続きです。通常は翌年2月16日~3月15日の間に申告を行う必要があります。(ただし期日が土日にかかる場合、月曜に繰り下げられます)
会社員の方は、税金が給料から自動で引き落とされているため、ほとんど行う必要はありません。ただ、会社員の場合、年末調整によって納めすぎた税金の還付を受けているため、この年末調整は確定申告と同様の作業と言えるでしょう。

会社員の方は、企業によって所得が把握され、あらかじめ納税額を予想し給料から差し引いて納税されています。一方、フリーランスをはじめとする個人事業主の場合、収入額等を国や自治体が把握するすべがないことから、確定申告によって収入額を申告する必要があります。確定申告は収入を申告するだけでなく、社会保険料や医療費等も申告することで、節税も出来ます。

改めて言うまでもないですが、納税は、国民に課された義務であり、その義務を果たすために確定申告は重要な手続きと言えます。

さて、納税にあたって重要となる確定申告の手続きですが、白色申告と青色申告の2種類の方法が存在します。白色申告は、事前に申請を行う必要はなく、簡単な所得の申告を行うだけでできます。一方で青色申告は、事前に税務署へ届け出を行う必要があり、複式簿記による仕訳作業を伴います。青色申告では、白色申告よりも作業が複雑になりますが、特別控除などの節税を行うことが出来るというメリットがあります。
個人事業主の場合、所得の少ない方は白色申告を、所得が多くなるにつれて節税効果の高い青色申告を利用する割合が高まるようです。

確定申告には、クラウド会計サービスの利用がおすすめ

会社員からフリーランスになったほとんどの方は、これまで確定申告とは無縁だったと思います。そのため、確定申告を行いなさいと言われても、何から手をつけて良いか分からない方が多いでしょう。現在は確定申告をするためには必ずしも税務署に出向く必要はなく、郵送はもちろん、e-taxというサービスにより、オンライン上で行うことも出来ます。

確定申告を行うためには、自身の収入等をまとめなければいけません。費用はかかりますが、税理士の方に依頼して仕訳や申告書作成を任せることもできます。ただ、このような会計に関する作業であっても、あまり費用をかけたくないという方は、無料から使えるクラウド会計サービスを利用することをおすすめします。

かつては、CD-ROMの会計ソフトを購入し、パソコンにインストールする必要がありましたが、クラウド会計サービスは、ネットに接続できれば利用できます。クラウド会計サービスに収入等を入力するだけで、確定申告の書類が簡単に作成でき、作成された書類と必要な添付書類を同封して税務署に提出すれば確定申告を行うことが可能です。

おすすめのクラウド会計サービスをご紹介

ここではおすすめのクラウド会計サービスをご紹介します。

MFクラウド確定申告

MFクラウド確定申告は、家計管理ソフトなどを提供するマネーフォワードによるサービスです。会計事務所が顧問先に勧めたいクラウド会計ソフトとして、No.1になっています。

収入や支出は、「取引入力・仕訳」に入力します。ここで入力されたデータは、「レポート」「会計帳簿」「決算・申告」といった資料へ自動で反映されます。確定申告で使用する書類や貸借対照表、損益計算書、総勘定元帳も自動で作成されるため、自身で手計算を行う必要がありません。

MFクラウド確定申告の利用料ですが、白色申告の場合、無料で利用できます。青色申告の場合は、有料となります。MFクラウド確定申告はメールアドレスがあれば誰でも登録でき、利用することが可能です。

そして金融機関やクレジットカードを登録すれば、金融機関やクレジットカードの取引を自動で取り込むことも可能なので、非常に便利です。手動で入力する手間が省けるだけでなく、正確性を確保することも出来ます。

やよい白色青色オンライン

やよい白色青色オンラインは、弥生会計株式会社が提供する会計サービスです。クラウド申告ソフトシェアNo.1となっています。弥生会計株式会社は、会計パッケージソフトで長年の実績を誇る企業です。

やよい白色青色オンラインにおいても、入力を簡単に行うことができ、各種資料の作成やデータ管理も自動で行うことができます。また、金融機関やクレジットカードを登録することで、データを自動で取り込める機能も用意されています。

やよい白色青色オンラインでは、白色申告と青色申告で料金プランが異なります。白色申告のフリープランであればずっと無料利用することができ、青色申告は初年度無料で利用することが出来ます。

さらに、ベーシックプランという有料のプランが用意されており、このプランに加入すると、電話による丁寧なサポートを受けることが出来ます。サポート体制の手厚さが特徴と言えるサービスです。

freee

freeeは、freee株式会社が提供しているクラウド会計サービスです。freeeは法人向けクラウド会計ソフト市場で、シェアNo.1を獲得しています。

個人事業主の場合、スターターとスタンダードという有料プランが用意されていますが、確定申告書の作成だけであれば、無料で利用できます。freeeにおいても同様に、入力が簡単にできるようになっているだけでなく、入力したデータが自動で反映され各種資料を作成しやすくなっています。金融機関やクレジットカードの登録により、自動で連携するサービスも提供されています。

freeeは、スマホからでも使いやすいと評判のサービスです。もし、確定申告だけでなく、会計作業をパソコンとスマホの両方で行いたい場合は、freeeを利用することをおすすめします。

まとめ

今回は、確定申告の方法について解説しました。お役に立ちましたでしょうか?
確定申告という言葉を聞くと、難しい作業のように感じます。しかし、会社員時代にはほとんど無縁だった確定申告も、今回紹介したようなクラウド会計サービス等を利用することで、簡単に行うことが出来ます。このようなサービスをうまく活用する方法がわかっていれば、フリーランスになる不安も減るのではないでしょうか。

フリーランスとして働くことに興味のある方はこちら

おすすめの記事

【第3回】フリーランスや複業ワーカーになって初めての確定申告、失敗しないためのポイントとは?... 節税のポイント② 受けられる控除、忘れていませんか? 確定申告の締切まであと1週間と少し。皆さま、手続きは進んでいらっしゃいますか?まだ手をつけておらずこれから追い込み...
【第2回】フリーランスや複業ワーカーになって初めての確定申告、失敗しないためのポイントとは?... 節税のポイント① 必要経費を漏れなく計上しましょう! 前回は、フリーランスや複業ワーカーで確定申告が必要なケースおよび所得税の計算方法についてお伝えしました。 節税の...
【第1回】フリーランスや複業ワーカーになって初めての確定申告。失敗しないためのポイントとは?... 2018年中にフリーランス(個人事業主)や複業ワーカーになられた方は、今年初めて確定申告をされる方が大半ではないでしょうか。 2018年度分の確定申告期間は、2019年2月18日...
フリーランスは保険とかどうしてるの?家族がいても大丈夫?... フリーランスになろうと考えている方で、フリーランスになったあとに、健康保険がどうなるのか心配に思う方も多いと思います。病気やケガなど、万が一に備えて保険について理解しておくことは重...